Googleしごと検索とは?

ホーム Googleしごと検索とは?

ABOUT

「Googleしごと検索」とは

最新のGoogle
しごと検索の
サービス内容

大注目のGoogleしごと検索ですが、いったいどのようなサービスなのでしょうか。
簡単に言ってしまえば Googleの検索結果に求人情報が表示されるようになった、ということです。
例えば、普段使っている検索窓に「営業」「名古屋」「仕事」と入力すると、検索結果に求人情報が表示されるようになります。
Googleは検索エンジンなので、インターネット上にある求人情報をサービスに関係なく収集して検索結果として表示します。
他の求人サイトのように営業マンが個別の会社と契約をし、求人広告を取ってくるという仕組みではありません。

今すぐ申し込む

ADVANTAGE

インディードとの違いは?

求人情報を検索する、と聞くとindeedを思い浮かべる方もいるかと思います。
どちらもインターネット上の求人を検索することには変わりありませんが、いくつか大きな違いがあります。
例えば、検索結果の表示の仕方です。
indeedがindeedが検索結果へのリンクなのに対し、Googleしごと検索はより直接的に求人情報を表示します。
そして、さらに大きな違いが検索結果の表示順位です。
インディードとの違いはリスティング広告と検索結果の間に表示されるので、indeedより注目を集めやすくなります。
結果としてクリック率にも差が出てくると考えられます。
また、求人の登録方法も異なります。
indeedが自社ページだけでなく、直接投稿でも求人情報を登録できたのに対し、Google for jobsでは直接投稿がなく、自社採用ページを作る必要が出てきます。
当然、indeedとGoogleしごと検索では必要なサイトの作り方も異なり、構造化データをサイトに実装する必要があります。
(具体的にはGoogleのページ内にある求人情報をご参照ください。)

イメージ

日々の業務の合間を縫って構造化を実装するのは結構な手間がかかりますので、素早い対応を目指すなら ば、すでに対応済みのサービスを活用するのも方法の一つです。
そしてさらに大きな違いが、有料広告がないことです。Googleしごと検索はAI技術により検索者に最適化され た求人情報を表示するため、これまで以上に求人内容の運用が必要となりますが、資金力が豊富ではない中 小企業にとってもチャンスになるということです。
もちろん弊社のジンザイクルガネ2ならGoogle for jobsにも対応済みで、Googleに合わせた募集要綱作成のサポートも万全です。

HOW TO

Googleしごと検索の掲載方法

イメージ

Googleしごと検索は有料広告等の設定がありません

掲載するためにはGoogle for jobsに対応する採用ページを各企業ごとに保有するか、対応する求人 サイトに登録する必要があります。

HTMLでの構造化データの変更

すでに自社サイトで求人を公開している場合、求人情報をjob postiongの構造化データでマークアップする必要があります。
構造化とは、テキスト上の言葉の意味をコンピューターが理解できるようにマークアップすることです。
マークアップ後は最新の情報を素早く反映させるために、Googleにサイトマップを送信することが推奨されてます。
その際注意すべき点として、Googleの定めるガイドラインに準拠しているかどうかの確認が必要となります。
https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting
求人情報のマークアップが難しい場合は、Google for jobsに対応した採用ページ作成サービスを利用する方法もあります。
有料広告枠があり、上位表示が比較的狙いやすいindeedに対応しているものや、無料で使えるものなども あります。
自社内にWEB部門を抱えていない場合はサービスの利用がおすすめです。
自社サイトを持たない場合採用ページは維持管理費がかかるものも多いので、数年に1人採用するかどうかというような規模であれば、自社で求人サイトを保有せず、求人サイトに登録するのも一つの方法です。
Googleと連携している他社の求人サイトに登録すれば、自社サイトがなくてもGoogleしごと検索への掲載が可能です。
すでに正式にサービスが開始されている国外のものでは、LinkedinやGlassdoor等が該当します。
日本国内での対応サービスがどのようになるか判明するのは、正式サービス開始以降となります。

ページの先頭へ戻る